1. ホーム
  2. サーバ製品
  3. LOCK STAR-SGate
  4. 概要・特長

LOCK STAR-SGate情報漏洩を防止できるSSL-VPNリモートアクセス製品

概要

LOCK STAR-SGateは仮想ディスク機能により、通信経路だけでなく、VPNを経由して取り扱ったファイルのセキュリティまでも確保した、まったく新しいSSL-VPNリモートアクセスソリューションです。
本システムを経由したファイルは、クライアントPCのローカルディスクや各種外部記憶装置への保存だけでなく、印刷・スクリーンコピーも禁止することができます。
利用者のモラルに左右されることなくセキュリティを強化できるため、イントラネットから在宅勤務などのテレワークまであらゆる用途に活用することができます。

LOCK STAR-SGate概要図

特長

プログラム単位で仮想化

サーバ上で許可されたプログラムはクライアントで実行した場合は仮想環境で行います。
それによりプログラムが操作しているファイルを外部に取り出せないと同時に、データがローカルに残りません。

ファイルサーバ上のファイル暗号化

社内で統一した暗号キーだけでなく、個人ごとの暗号キーでも暗号化することができます。
サーバ上のファイルがクライアントの利用ソフトにより自動的に暗号化・復号化されるため、ハッカーやウイルスによるサーバからの情報漏洩を防止できます。
さらに、利用者が暗号化を意識することがなく、通常のファイルと同じく操作・編集が可能です。

豊富な認証方式

ID・パスワードの入力、USBキーから選択することができ、さらにAD/LDAPサーバのユーザパスワード情報で認証することもできます。

端末認証によるセキュリティの強化

利用者と端末を紐付けすることができるため、許可されていない端末からのアクセスを拒否することができます。
通常のユーザ認証と端末認証を組み合わせることで、より一層セキュリティを強化できます。

クライアントPCでの設定不要、すぐに利用可能

初回利用時に署名済みActiveXをインストールするのみで、その後はディスクトップのショットカットから起動します。
利用できるソフトメニューが自動的に表示されるので、利用者の煩雑な操作は一切必要ありません。

オフラインでも利用可能

インターネットが利用できない環境では、オフラインでも作業することができます。

ネットワーク切断時の再接続が可能

ネットワークの状態が悪く、ネットワークが切断された場合でもセッション状態を保持して、ネットワーク復旧後に作業を続けることができます。

画面共有・リアルタイムサポート

PC画面を共有することができるので、例えば在宅勤務などで操作トラブルが発生した場合でも、管理者がユーザと同じ画面を共有し、リアルタイムに問題を解決することができます。

社内の自席の端末を社外から操作

自宅にいながらネットワーク経由で社内の自分のPCを起動(Wake-on-LAN)し、リモートデスクトップで操作できます。

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る

サーバ製品