1. ホーム
  2. サーバ製品
  3. LOCK STAR-SGate
  4. FAQ

LOCK STAR-SGate情報漏洩を防止できるSSL-VPNリモートアクセス製品

LOCK STAR-SGate 最新情報

導入事例を追加いたしました。

FAQ

LOCK STAR-SGateのご購入を検討されているお客様からのよくあるご質問をまとめました。

FAQ一覧

FAQ回答

他のSSL-VPN製品とは何が違うのですか?
一般的なSSL-VPN製品は、通信経路のみを暗号化しており、クライアント端末での情報の取り扱いは制限しておりませんが、LOCK STAR-SGateは、通信経路だけでなくSGateを経由して取り扱ったファイル全体を仮想化することで、取り扱った情報の持ち出しやマルウエア感染などのリスクにも対応することができます。
SGate上ではどのようなアプリケーションを利用できますか?
Internet ExplorerやGoogle Chromeを利用したWebアプリーケーション(校務支援システムなど)をはじめ、Microsoft OfficeやJUST Officeなどのデスクトップアプリケーションをご利用頂けます。また、動作検証が必要な場合がありますが、多くのC/Sシステムもご利用頂けます。
※クライアント端末に利用したいアプリケーションがインストールされている必要があります。
ファイルサーバは利用できますか?
はい、ご利用頂けます。
ただし、第三者のクラウドサービスのストレージを利用する場合は、動作検証をお勧めします。
分散ファイルシステム(DFS)は利用できますか?
はい、ご利用頂けます。(※2019年4月から対応)
テレワーク時等、クライアントソフトウェアのインストールはWebから行えますか?
ActiveXにより、Webページからインストールできます。また、ローカルインストーラをダウンロードして実行することも可能です。
何人まで利用できますか?
利用者の制限はありませんが、同時に接続できる利用者数をSGateサーバ1台あたり最大1,000人までとしています。
それ以上の場合は、SGateサーバを増やすことで対応可能です。
冗長化は可能ですか?
ロードバランサまたはHeartbeatによる冗長化が可能です。
AD/LDAP連携は可能ですか?
可能です。
仮想環境でActiveXのインストールやWebインストーラーの利用はできますか?
仮想環境内にある実行ファイルは動作できません。ActiveXやWebインストーラーを利用したい場合は、クライアントにあらかじめインストールしておく必要があります。
ユーザがSGateの認証時にパスワードを連続して間違えた場合、アカウントをロックできますか?
設定により可能です。パスワード誤入力の制限回数を設定できます。
Webページ上のドキュメントファイルを直接開くことはできますか?
はい、開けます。
ただし、LOCK STAR-SGateはプログラム単位で仮想化しているため、ドキュメントのプログラムによっては、保存してから開く必要がある場合もあります。

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る